カスタムフィールド 一覧

カスタムフィールドのテンプレート

3年位前にリニューアルの依頼を受け、作成した不動産サイトがある。

リニューアル前のサイトは、CGIを細かく使って情報の投稿がされていた。それをWordPressでできないかということだった。

投稿欄の下にカスタムフィールドテンプレートを使って細かい入力欄を作成した。要望がだんだんと細かくなり、デイレクターも戦ってくれたのだが、、、その前のCGIが細かくて、その内容があるクライアントは、文字すらも打ちたくないという・・・異様に細かいカスタムフィールドテンプレートができあがってしまった。。。。

この時点で心配だったのが、その後のデータ修正である。クライアントの担当が変わった時、この入力欄の変更が入ったらできるのか? それまで投稿してきたデータへ確実に影響があるので、納品の際、大幅な修正、、、1行入力欄を追加するのも、データに支障があるので、できない旨は伝えた。

・・・・3年後 担当は止めて、新しい担当になり、やはり前の細かすぎる入力欄を変更したいと、、、消したり、2〜3行追加したいと。。。XMLデータがずれたり、でなくなるのは目に見えている。デイレクターも戦ってくれたが、、、、データに影響が極力ないような変更になった。とはいえ1行追加と項目名の変更があるので慎重にデータをバックアップとったり、既存のテンプレートを何度も日付でコピーした。

夜10時からメンテナンスモードにして、作業開始する。シミュレーションしていたので30分ほどで問題なく完了。安心して寝る

次の日 朝、ディレクターよりデータがArray で表示されてると連絡が・・・

え?昨日確認したときはなにもなかったのに・・・なぜ・・・・

すぐに新規投稿して試してみる、エラーはでない。正常に表示する。エラーの出ているページで、カスタムフィールド欄についている 保存 ボタンを押して更新してみる。データが正常に表示された。

各投稿欄に切り替えでカスタムフィールドのテンプレートが4つあるので、それらを切り替えながら、保存ボタンを押す作業開始。データ全てが表示される。

その後なぜか、パーマリンクもおかしくなっていたので、再度消して入れおして正常に戻る。

今後、こういう依頼の際は細かいシミュレーションしていきたい。

カスタムフィールドのテンプレート詳細はこちら