Wordpress設定 一覧

WordPressの表示アドレス (URL)と管理画面のサイトアドレス (URL)を変えないといけない場合の方法と注意点。

WordPressをインストールする際、ルートディレクトリ(レンタルサーバの一番上の階層)に全てのWordpressファイルを、アップロードすると、当然のことながら他のファイルをアップしたい時にごちゃごちゃして見ずらいし、困ったことになる場合が多い。

そのためWordpressをアップロードする場合は、ルートディレクトリにディレクトリ(フォルダ)を作成して、その場所にアップロードしていきます。

ディレクトリにあるWordpressのアドレスと表示アドレス

WordPressの管理画面は作成したディレクトリ下にあるので、そのままだと表示するサイトそのディレクトリを指すことになる。

WordPressを   http://wp.com/wp    にアップロードした場合は

表示するサイトも http://wp.com/wp  ということになる

 

実際のところディレクトリに入っている状態で表示はしたくない

http://wp.com/wp    ←この場所にWordpressが入っている
http://wp.com     ←実際の表示するアドレスはこちら

上記のように、表示するサイトアドレスは上の階層・ルートの状態にしておきたい。

 

管理画面の設定 > 一般より サイトアドレスの変更を行う

例えば下記の図のように

スクリーンショット 2015-12-14 10.53.28

管理画面の設定 一般より、サイトアドレスの方には、ディレクトリをつけない表示とした。

ただ、このままでは、表示しないので、FTPソフトなどで、サーバに接続し、

wpの階層に入っている index.php ファイルを少し修正する必要がある。

index.phpダウンロードして、下記の箇所を変更

require('./wp-blog-header.php');

の部分を

require('./wp/wp-blog-header.php');

これは、wp フォルダの  wp-blog-header.php  を読み込むという記述。もちろん下のフォルダを読むと index.phpを変更するので、

修正がおわったら、index.phpファイルをルート(http://wp.com)にアップロードしないといけない。

また忘れないように、 wp の中にある index.phpは削除しましょう。

 

ただし、こちらの設定は管理画面が違うので、管理画面へログインする際、うまくい繋がらないとか、何度か試してやっと入れた・・・という話もよく聞きます。

index.php を扱うのがよくわからない・面倒だ と言われる場合は、マルチドメインなどが使えるサーバで、ディレクトリごとに、ドメインを設定できる方法を使うのが便利かもしれません。

例えば http://wp.com/wp にWordpressをインストールして、その wp  がルートになるように、サーバに設定し、その場所に使用するドメインを割り当てるものです。

詳しくは、さくらサーバなどのマルチドメインの設定をご覧ください。

 

 


WordPressプラグインのトップへ戻るボタン「Back To Top」をインストールしてみた。あれ?ってなったパターンです。

WordPressプラグイン新規追加より「Back To Top」と検索すると非常にたくさんのプラグインが表示されます。

こういう状態になった場合、優先順位は★の数より、「お使いのバージョンの WordPress ではテストされていません」という表示です。そうはいっても使えないわけではなく、お目あてのプラグインは、このあと、ネット検索で情報を収集します。

今回は「BackTo Top Plugin」をとりあえずインストールしてみることに。

スクリーンショット 2015-06-24 10.15.47

最終更新:2年前ってのもちょっと気になりますが・・・

スクリーンショット 2015-06-24 10.17.26

インストール後、有効化で、設定より Back To Topを選択します。

あれあれ?こんな画面です

スクリーンショット 2015-06-24 10.19.02

これは・・・・おかしいな〜 一番人気の筈では、、プラグイン一覧から確認すると

スクリーンショット 2015-06-24 10.21.17

す・・・スペースが空いてない方???なんと・・・ということでアンインストール。

結構プラグインを探していると、こういう目?にアイマス。。。プラグイン削除後は、こういう場合は、念のためサーバーのプラグインの入っているdirectoryからも削除しましょうね。

ということで、再度探します。あ・・・こちらのようです。

スクリーンショット 2015-06-24 10.24.16

https://wordpress.org/plugins/backtotop/

★5つですし。Last Updated: 2015-4-21 ですね。はいこちらです。

こちらはダウンロードしてからのプラグインから新規追加>プラグインのアップロードで無事設定完了

一覧にメニューが追加されています。さすが本物(?)

スクリーンショット 2015-06-24 10.27.15

Back To TopのBack To Topを選択すると、下記の画面が表示されます。1番上がこのあと、チョイス画面が、2番目は自分で画像をアップする場合、3番はテキストで。といったところでしょうか。

スクリーンショット 2015-06-24 10.29.16

 

一番上を選択して Next….. するとたくさんの画像が表示されます。

スクリーンショット 2015-06-24 10.31.45 スクリーンショット 2015-06-24 10.31.54

こちらを選択して

スクリーンショット 2015-06-24 10.33.09

表示位置や、速度をSetteingから行って

スクリーンショット 2015-06-24 10.35.29

設置完了です。簡単設置でBack To Topのボタン完了します。


ブロックされた悪意あるログイン試行もJetPackの新機能「プロテクト」で安心。

総当たりされても元気ですかー!!!

この時期、迷惑メールが増えてきますよね。それとあわせて、サーバへの総攻撃も増える時期です。サーバが急に重くなってウェブサイトが開くなったり、繋がらなくなったり。中でもやっかいなのが、総当たり。Wodpressのログイン画面で様々なID パスワードを使って不正にログインしようとする攻撃も多くなります。

 

ブロックされた悪意あるログイン試行とは?

スクリーンショット 2015-12-05 11.01.09

 Wordpressダッシュボードにログイン後、目に止まるJetPackのアクセス解析ログ。その一番下に「ブロックされた悪意あるログイン試行 4158」とあります。これは、総当たり攻撃=バックドアと呼ばれるサーバへの不正アクセスのことで、その際にWordpressのログインをadminというユーザ名で、様々なパスワードをディクショナリーアタック(辞書攻撃)を使って試した、試行したという数字です。それを見事ブロックした数ということですね。

2015年春のアップデートでJetPackに「Protect」が追加

Jetpack プロテクトはクラウドの力を使った総当たり攻撃への対策ツールです。
数千万の WordPress サイトを活用し、悪意のある IP を識別・ブロックします。 Jetpack プロテクトは、このプラグインをインストールしたサイトに対しての失敗したログイン試行をトラッキングします。ある IP からの短期間に失敗したログイン試行が多すぎる場合、このプラグインを使っているすべてのサイトへのログインがブロックされます。

JetPackの「Protect」の前は「Crazy Bone」を使っていましたが、無線LANなどでIPが変わっても警告が出続けるというちょっとやっかいなところがありました。今回この機能がプラスになったことで、当面こちらの機能をフルに活用していきたいと思います。

スクリーンショット 2015-12-05 11.14.47

JetPackのインストール方法 動画


WordPressアドレス(URL)の変更とタイミング・・・php MyAdmin

WordPressアドレス(URL)の変更。

WordPressには表示するサイトと、管理画面に設定するサイトの設定が2箇所あります。

これは、管理画面と表示するサイトを別に設定できるとても重要な箇所なのですが、
管理画面に設定するサイトを、意図していないアドレスに設定した場合、管理画面に入れなくなるという状態になりやすいところです。

今回は、すでに公開しているサイトで、その管理画面に設定していたアドレスがなくなってしまい、管理画面に入れなくなった状態にテンパるという。という過程で行った作業工程です。

失敗

管理状況確認が悪い状態で、使う用途がないドメインを解約する。

解約されてからそれが実はWordpresの設定アドレスになっていたので、ダッシュボードに入れなくなった件

対処法・・・テキスト化・動画で必要な内容を保存。

状況

  • トップのサイトからログインできない
  • サイト全体は、マルチサイトで作成されている
  • マルチサイト内には8個のサイトが存在し、それらのサイトにはログイン可能
  • ダッシュボードから、トップの管理画面に入ることは不可
  • メルチサイトのメインの管理画面に移動することは不可

経緯

トップサイトへログインできない。サーバの管理画面にログインし、データベース設定から、php My Adminにログイン。
ファイルに書かれているアドレスを変更する手段を行う。

アドレスの変更はどのファイルで行った方がいいかは、こちらのサイトを参照

[wp] wordpressを丸ごと移管/移行させる手順

 

とても参考になるサイトです!

 

3年前の情報に基づき、php My Admin へログインを試みるが入れない。

12141703_890443827697566_8179532416201977174_n

ユーザー名 パスワードが間違っている可能性があるので、FTPで接続し、ルートのwp-config.php をダウンロードして確認するが、間違ってはいない。

エラーの内容について、調べたところ、パスワードを一度間違ったりすると、続けてでてしまうエラー画面のようで。履歴を消すか、別のブラウザで試しみてログインが成功する。

ログインが成功してからは、旧アドレスが使われているファイルを地道に探す。

ひたすらなので、検索を行ってみる そして変える ひたすら変える。

その際役に立ったサイト

http://web.arena.ne.jp/support/suitex/manual/database/highspec/phpmyadmin.html

http://www.dbonline.jp/phpmyadmin/data/index6.html

モレがないように変える。

実際この作業は地味に探していくのだが、クエリを書くことで、一括ができる。ただ置換になるのでクエリを間違えた場合もとに戻せない。念のためエクスポートしているが、テストケースではないし、クライアントのサイトに支障をきたしてはいけないので、ひたすら地道に確認しながら変える。

その状態で一度ログインを試してみるが、、、入れない。

wp_loginerr

cookieのブロック?そんなはずはない。他のサイトでは支障なくログインされているのだから・・・

ということで他の原因を探す

その際役にたったサイト

https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E5%A0%B4%E5%90%88

http://blog.popowa.com/2014/05/cookie-cookie-wordpress-cookie.html

大事なことを忘れて・・・wp-config.phpのアドレスの書き換え。通常はないアドレス指定なのだが、マルチサイトの設定をする際に、追加したコードにアドレスを記入するところがあったはず。

http://webdesignerwork.jp/wordpress/multisite_blog/

define('MULTISITE', true);
define('SUBDOMAIN_INSTALL', false);
define('DOMAIN_CURRENT_SITE', 'この部分〜.com');
define('PATH_CURRENT_SITE', '/');
define('SITE_ID_CURRENT_SITE', 1);
define('BLOG_ID_CURRENT_SITE', 1);

こちらを書き換えて無事ログイン!

落ち着こう!わたし!

 

 

 

 

 

 


WordPress ビジュアルエディタのススメ クライアント様の編集精度をアップ!

 WordPressの投稿画面で実際のテーマに近いデザインで、投稿編集したい・・・

これは毎月更新などを頻繁に行う場合、結構必須な要素となってきます。クライアント様は、エディタの画面が、こういうもんだと思って編集をされているので、これがテーマに近い内容で提供できると、更新するクオリティが上がるというか、失敗せずに綺麗に編集ができます。

テーマのCSSを適用し実際の表示に合わせる!

まずは、スタイルシートのファイルを別に用意します。こちらのCSSファイルは、ヘッダーやサイドバー・フッターなどは存在しないのでメイン部分のみとなります。Body に width 指定した作りでも問題ありません。

editor-style.cssを作成する

editor-style.cssがビジュアルエディタのCSSになります。必要な要素を配置してカスタマイズします。

あとは、function.phpにeditor-style.cssを読み込ませる為のコードを記述しておきます。

functions.php
1
add_editor_style("editor-style.css");

他にも、ビジュアルエディタのプラグインで有名な TinyMCEAdvanced を入れている場合は、ボタンのスタイルの中に汎用のCSSが入ってくるのでとても便利です。

スクリーンショット 2015-06-03 15.29.27

スクリーンショット 2015-06-03 15.29.43

1行目の Load ths CSS ~~~~のところにチェックを入れておきます。

スクリーンショット 2015-06-03 15.31.45


WordPress ダッシュボード内の置換にはSearch Regexプラグインは便利

WordPress ダッシュボード内で、キーワードで検索・置換できるという優れもののプラグイン。

投稿記事・固定ページの本文の検索・置換の他、コメントも可能。

一括に対象の文字列などに置き換えることができる。正規表現も可能だ。

プラグインのインストール

ダウンロードサイト https://wordpress.org/plugins/search-regex/

もしくは、プラグインの追加で、Search Regexを検索する。

スクリーンショット 2015-02-11 22.48.07

 

インストール後は、

スクリーンショット 2015-02-11 22.48.54

ツールの中にSearch Regexがある

使い方は、「Source」の下向き三角をクリックすると、

スクリーンショット 2015-02-11 22.50.08

 

  • Comment author – コメントの名前
  • Comment author email – コメントのメールアドレス
  • Comment author URL – コメントのURL
  • Comment content – コメントの内容
  • Post content – 記事の本文
  • Post excerpt – 記事の抜粋
  • Post meta value – 記事のカスタムフィールド
  • Post title – 記事のタイトル
  • Post URL – 記事のURL

というところから、検索・置換したいところを選択し、

スクリーンショット 2015-02-11 22.52.53

Search pattern(検索する文字列) に検索したい文字列やアドレス タグを入れ

Replace pattern(置換する文字列) に置換したい文字列やアドレス タグを入れる

「Search」ボタンは検索した箇所を表示し、「Replace」ボタンはそれが置き換えられた場合を表示するので、実際に置換したい場合は「Replace&Save」押す。

正規表現を行いたい場合は、Regex: にチェックを入れる

 

 


PDFの1ページ目を自動で画像として貼り付けてリンク先がPDFになるプラグイン

クライアントさんから、PDFを直に貼り付けるという要望は結構多いです。本来は、貼り付けだけのページになってしまうので、どうだろう・・・と思うのですが、、

実際クライアントさんの立場で考えると、ウェブ担当が変わったり、パソコンがうまく使えなかったりすると、ワードで作成したファイルをPDF化して、それを表示させたいというのは仕方ないことです。

PDFの場合、Wordpressにあるメディアを追加からPDFを追加するとファイル名とリンク先のみが表示されます。これだとわかりづらいので、PDFのアイコンをつけてその横にリンク先。。。となります。この作業が簡単なようで意外とめんどくさい。アイコンとリンク先のテキスト文字が下揃えになるので、こちらでCSSの指定をしてもクライアントさんが更新する場合、それを入れる可能性は、お知らせしていてもゼロです。

そこで探してみつけたのが、「PDF Image Generator」こちらのプラグインは、非常におすすめです。

スクリーンショット 2015-02-01 13.40.57

通常通りメディアの追加から、画像のアップロードをするようにPDFをアップします。1ページ目をちょうどいいサムネイル画像にしてくれます。

リンク先はもちろん、別タブでのPDF表示。

link-to-pdfというクラス名を変更して表示デザインを変えれば、簡単にPDF画像の作成完了です。

本サイトの方にこまかなカスタマイズも掲載されています。

http://web.contempo.jp/weblog/tips/p1522


All in one SEOとWordPress SEO by Yoastはどちらが効果的?

最近まで、SEO対策といえば、All in one SEO Packのプラグインを導入していた

スクリーンショット 2015-01-17 13.34.30

設定画面が3つあって、基本的にはGeneral Setteingsさえ行っていれば、問題のないプラグイン。各投稿画面に、下記のような投稿ごとの設定も行える

スクリーンショット 2015-01-17 13.37.04

ところが最近、 WordPress SEO by Yoastが大人気?とか聞いて。

どういう感じで違うのか、、、、ただいま検証中。この2つを両方入れるとかもありなのかな???

 


カスタムフィールドのテンプレート

3年位前にリニューアルの依頼を受け、作成した不動産サイトがある。

リニューアル前のサイトは、CGIを細かく使って情報の投稿がされていた。それをWordPressでできないかということだった。

投稿欄の下にカスタムフィールドテンプレートを使って細かい入力欄を作成した。要望がだんだんと細かくなり、デイレクターも戦ってくれたのだが、、、その前のCGIが細かくて、その内容があるクライアントは、文字すらも打ちたくないという・・・異様に細かいカスタムフィールドテンプレートができあがってしまった。。。。

この時点で心配だったのが、その後のデータ修正である。クライアントの担当が変わった時、この入力欄の変更が入ったらできるのか? それまで投稿してきたデータへ確実に影響があるので、納品の際、大幅な修正、、、1行入力欄を追加するのも、データに支障があるので、できない旨は伝えた。

・・・・3年後 担当は止めて、新しい担当になり、やはり前の細かすぎる入力欄を変更したいと、、、消したり、2〜3行追加したいと。。。XMLデータがずれたり、でなくなるのは目に見えている。デイレクターも戦ってくれたが、、、、データに影響が極力ないような変更になった。とはいえ1行追加と項目名の変更があるので慎重にデータをバックアップとったり、既存のテンプレートを何度も日付でコピーした。

夜10時からメンテナンスモードにして、作業開始する。シミュレーションしていたので30分ほどで問題なく完了。安心して寝る

次の日 朝、ディレクターよりデータがArray で表示されてると連絡が・・・

え?昨日確認したときはなにもなかったのに・・・なぜ・・・・

すぐに新規投稿して試してみる、エラーはでない。正常に表示する。エラーの出ているページで、カスタムフィールド欄についている 保存 ボタンを押して更新してみる。データが正常に表示された。

各投稿欄に切り替えでカスタムフィールドのテンプレートが4つあるので、それらを切り替えながら、保存ボタンを押す作業開始。データ全てが表示される。

その後なぜか、パーマリンクもおかしくなっていたので、再度消して入れおして正常に戻る。

今後、こういう依頼の際は細かいシミュレーションしていきたい。

カスタムフィールドのテンプレート詳細はこちら

 


コメント欄を出したくない時に….

コメント機能を停止するプラグイン「Disable Comments」

スクリーンショット 2014-06-19 18.26.11

通常は設定の蘭に出てきますが、マルチサイトの場合は上の設定から行います。

スクリーンショット 2014-06-19 18.29.04